【群馬県】地元食材のブランド化が課題 有識者と意見交換

【群馬県】地元食材のブランド化が課題 有識者と意見交換

群馬県は、「群馬県農畜産物ブランド戦略協議会」の第1回会議を開催。生産、流通、観光、メディアなど各分野の有識者が2018年度の群馬県のブランド戦略について意見交換をおこなった。地産地消や首都圏でも販売拡充を目指す。
同協議会は2004年に設立した「ぐんま地産地消県民運動推進会議」と、10年に設立した「群馬県農畜産物販売戦略協議会」を統合して設置されたもので、次回は2019年2月開催予定。

http://www.pref.gunma.jp/houdou/bg02_00042.html

Free-Photos / Pixabay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です