【大分県】日本一早いハウスミカンの初競り

大分県特産のハウスミカンの初競りが4月13日、大分市豊海の大分市公設地方卸売市場で行なわれた。ハウスミカンとしては、今シーズン日本一早い。
初競り式では大分県柑橘研究会の木村房雄会長が「地産地消はもちろん、県外の消費者に食べてもらいたい」と挨拶。
初競りには佐伯市、津久見両市から約960キロが入荷され、最高値は1箱(5キロ)で11万円の値がついた。

http://www.jaoita.net/00000_ja-oita/06000_farmwork/06300_beibaku/pdf/201704_einou.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です